2017年05月20日

冷蔵庫や洗濯機はどうなったか?(その3)



人手が要るだろうからとたまたま休みをとってくれていた猫ボランティアSさんにもお願いして、ボランティアAさんの車で女3人新居へ私の私物を運んで行きました。


しかし、荷物を運び込む前にまずは橋の上に放置された冷蔵庫や洗濯機を運び込まねばなりません。


現地に到着。
まずはAさんが持ってきたペンチで有刺鉄線を切りました。
すると妨害しているTさんがやってきて「何をしているんだ?」と聞くので、今司法書士が手続き中で、こちらの所有権に間違いはないこと、また居住者の通行権が優先であることを伝えると、「そんなこと聞いたこともない」と言うので、「そうなんですよ。お調べ下さい」と伝えると、そのまま帰って行きました。前日の彼女の様子を聞いていたので、拍子抜けするほどあっさりした幕引きでした。



持参したカーペットを橋に広げ、まず冷蔵庫を乗せ3人でカーペットを引っ張って橋から降ろし、先月辞めた会社から借りた長台車に乗せて家まで行き、玄関からはまたカーペットを引っ張り、台所の所定の位置まで運びました。


同じ要領で洗濯機、ダイニングテーブル、食器棚、電子レンジ、姿見などを運び込みました。女3人だけで長い距離を、しかも下は川、幅の狭い橋をよく運んだものだと思います。



IMG_1319.JPG


IMG_1322.JPG



IMG_1311.JPG





結局この日は持って行った荷物を運び込んで終わり、残りの荷物と猫たちは翌日三回往復して運び終えました。


ハプニングありの引っ越しは大変でしたが、ボランティアさんの協力は勿論、猫のカーペットと長台車が無ければ冷蔵庫は運べなかっただろうし、雨が降らなかったのも幸いでした。


無事に終わって感無量です。



そして、嬉しいことに幸運はまだ続きます。





posted by コユキ at 01:32| Comment(0) | プチ奇跡&ミラクルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。