2008年01月29日

エンパスの境界線



「エンパシー/エンパス」という言葉を
最近よく聞くようになりましたね。

すでに知っている人も多いと思いますが、
エンパスとはempathy(共感)力が高い人をさします。
他者の感情や感覚を取り込みやすい人々がそうです。

自分がそうだったと気づいたのは最近のことで、、
それまでそういった分類はなかったので、ただただ敏感
(時には変人)なのだと思ったり思われたりしていたのですが、
不快な感覚の謎が解けた時は本当にホッとしました(笑)


エンパシーと思われるケースをちょっと挙げてみます。

☆ 繁華街や満員電車など人が密集する所へ行くと、どっと疲れる。
☆ 体調不良や落ち込んだ人の側にいると、自分も不調になる。
☆ 入院見舞いや自分の入院で余計に具合が悪くなる。
☆ 人や動物の感情や思考が伝わってくることがある。
 (動物や弱者と話が通じやすい。)
☆ 本やTVや映画、極端なネガティヴ/ポジティヴな話題に
  しばしば感情移入し、回復に時間がかかることも多い。
☆ 遠くにいる人の様子がわかることがある。
☆霊媒体質(このタイプは特に本当の自分の気持がわから
 なくなることが多いように思います。)
☆ 人とずっと一緒だと疲れるので、一人の時間が必要である。
(独身主義、一人旅、パートナーがいても一人で寝たい)等々。


以上は私による分類ですが、こちら↓が大元の情報です。
エンパス度テスト
エンパシーについて

「エンパシー-共感力のスイッチをオン/オフしよう」の著者に
よれば、日本におけるエンパスは5人に1人だとかで
アメリカと比べその割合は4倍も高いそうです。


私がこの本を読んで特に強く感じたのは『境界線』でした。
エンパシーは社会に有益に役立てることができ、素晴らしい
ギフトとなり得ますが、境界線をしっかり自覚していないと
自らが混乱してしまいます。

感情移入や繊細さ、霊感やテレパシー能力、グラウンディング
不足などは他の理由から起こることもあるので、エンパシーか
どうかの判断は微妙ですし、エンパシーとシンパシー(同情)
の区別もとてもむずかしいですね(^^;

エンパシーの境界線もそうですが・・ 生きていくうえで不可欠な
境界線は必要でしょうし、はずすともっと楽になれる境界線、人間
関係での境界線、理想と現実の境界線等々、、考え出すと止まらなく
なりそうです(笑)



と、本当はこの記事はここで終わる予定だったのですが、
ホメオパシーにエンパスタイプと思われるものがあった
のを思い出したので、ちょっと調べてみました。

リン(燐)のレメディなのですが、その特徴の1つに
「人との境界線がない」があります。

手もとの本にはこう書かれています。
彼らはまるで自分を守る境界線のオーラがないように、
不必要なものまで吸い込んで、アップアップした状態なのです。
同情的、心配性、過敏症。地に足が着かず。幽霊や暗がりが怖い。



こんな解説もありました。
「何かと結びつかないとこの世に存在出来ない」物質です。
何か他のものと結びつくことによってその存在が輝いたり
くすんだりします。
テーマは「TOO OPEN」つまり「あまりにも開きすぎている」
というタイプです。



面白いですね。
このレメディー、けっこう使えるかも。

ホメオパシー的にはこのタイプは情報過多にならないようにし、
よく睡眠をとったり、食べ物や冷たい飲み物などをとることで
好転するようです。グラウンディングできるものがよいのかも
しれませんね。

自分の感情が突然変化したら、他者のエネルギーを取り込んで
いるかもしれません。「これは私のものなのか?」と自分に確認
してみましょう。自分のものでないとわかればすぐに楽になります。

まずは境界線を見分ける習慣をつけましょう☆



posted by コユキ at 00:39| Comment(7) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は、実は人と目を合わせて話すのが苦手です(^_^;)

ただ単にシャイなんでしょうが、
僕の場合、相手の気持ちが分かると言うより、僕の気持ちが、合わさった瞳を通じて伝わってしまいそうな気がしてます。

相手に確認したことはないので、思い込みかも知れませんが...。

信頼しあえ、安心して話せる相手だと、あまり気にせず向き合って会話できます。
その時は、微かに相手の微妙な心が感じられてるような気がします。

こういうのも、エンパシーの一部なんですかね(*^_^*)
Posted by 虹鷲 at 2008年01月29日 19:39



◆虹鷲さん
>僕の気持ちが、合わさった瞳を通じて伝わってしまいそうな
>気がしてます。

目は全てを語るので、そういうおそれチックな気持ち、
よくわかります。
私はどっちかと言うと、相手が私をどう思っているかを
目から読み取るのがコワいので、あまり見つめないように
してます(笑)

相手に読まれるのが怖い場合は、エンパシーというより
「エンパスが怖い」なのでは?(笑)


Posted by コユキ at 2008年01月30日 00:30
おひさしぶりです〜♪
相変わらず、忙しい毎日です(^-^;

ローズの昨年ライブイベントに行って
エンパスの診断してもらいましたよ〜

集まってた人、ほとんどがエンパスでしたわ。
1〜2名だけじゃなかったかな?
エンパスじゃないといわれてたのは。
日本人って、ホントに多いようですね。
Posted by 香 at 2008年01月30日 00:47



◆香さん

こんにちは。

この時代にスピリチュアルなことに関心が深く、
セミナー等にわざわざ出掛けていくような人は
まずエンパスでしょう。
エンパスならば、「エンパス」という単語に同調して
みれば、自分がそうだとすぐにわかると思います。
そう感じからこそローズさんにチェックしてもらいに行き、
実際にそういう結果が出た、と(笑)

自分がそうだと知って安心する人はとても多いと思うの
ですが、エンパスという言葉は多様なものを含んでいる
ので(サイキック能力もあれば、依存心や単なるアンバラ
ンスもあったり・・)、私は”症状を現す単語”ってふうに
とらえています。
自己満足できた安心感を今度は外へ向けて役立てて
いけるといいですね(^.^

Posted by コユキ at 2008年01月30日 15:43
私は、クリスタルエンパスです。
クリスタルを持つと一気に体質が変わります。
場所や物に敏感になったりなんにもないのに何かを感じることもあります。
Posted by youmi at 2012年12月25日 10:39
こんばんは!

クリスタルエンパスって初めて聞くので、ちょっとググッてみたのですが
クリスタルと一体化しクリスタルをリーディングできる人をクリスタル
エンパスと呼ぶみたいですね。

クリスタルを持つことで周囲と同調しやすくなるのは水晶本来の働きで、
エンパスとはちょっと違うような気がするのですが、どうなんでしょうか?
誰か教えてくださ〜い。
Posted by コユキ at 2012年12月25日 23:15
通りすがりでこんにちは^^

>クリスタルを持つことで周囲と同調しやすくなる
という意味ではないかも。

>クリスタルを持つと一気に体質が変わる

クリスタルのそれぞれの波長、エネルギーによって、
その持ったクリスタルによって体質、状態が変化するのであって、

=周囲と同調しやすくなるかどうかはまた別かも?
Posted by mibu at 2013年06月13日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]