2017年04月06日

What's up⁈



最近blog記事はコンビニで書いてます。


家では猫の用事が無限にあって集中できないのと、ちょっとだけでいいから横にならせてと、結局寝てしまうからです。


帰宅するのは遅い時で0時過ぎ。
それから片付けものをして仮眠が1時位から。
2時には起きて仕事へ行きます。


かなりの寝不足な上に、一昨日は交通事故に遭った近所の地域猫さんを引き取り、昨夜は埋葬や人と会ったりで一睡もせず、、今日はさすがに体が鉛のように重いです。



引っ越しが近いことと関係があるんでしょうが、やけに慌ただしい毎日です。


今日はカリカリを買いに行く途中、墓地でノラちゃんたちにずっとごはんをあげている方と初めて話しをし、お腹の大きなノラちゃんの不妊手術を手伝うことになり、年老いて関節炎の猫ちゃんをうちで引き取ることにしました。


その30分後には久しぶりの猫つながりの知り合いにバッタリ会い、引っ越しの報告と動物病院のことなどを話し、


今朝は友人が飼っている犬のアレルギー症状に効きそうな薬や病院情報を送り、、



とにかく忙し過ぎて引っ越しの準備どころか、1日1日を生き延びるのに必死。。





posted by コユキ at 22:04| Comment(0) | プチ奇跡&ミラクルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

仕事




半年くらい前から、現在の2つの仕事をそろそろ卒業したいと思うようになっていました。


まず賃金が8年経っても全く上がりません。
内猫が増え物価も上がり、でも賃金は据え置きなので勤務時間を増やしたのですが、睡眠不足がより深刻になり、頭痛を薬で押さえることが多くなりました。そして今月から会社の都合で出勤時間が繰り上がり。。
睡眠時間をもっととりたい。


深夜の仕事はストーカーに悩まされるし、股関節と膝の痛みは悪化するし。。


夜から朝にかけての餌のデリバリー&片付け。
デリバリも大量の買い物も仕事もずっと私の二本の脚に頼りっぱなし。
疲れました。
内猫も増え世話も大変なので夜はもう外に出かけずに家で過ごしたい。


ということで転職を模索してみたのですが、なにかピンと来ない。
でも、今回の引っ越しでやっと全部叶いそうです。




次の仕事をどうするか?についてはまだ何も考えてなくて、新しい場所に住んだら派生的に出てくるのではないかと思うのですが、、先日ボランティアのSさんがこんな話を持ってきました。


私が猫の不妊手術関連で何年もお世話になっているボランティアグループがJR駅前で毎週犬猫の譲渡会&募金活動をしています。そして彼らの横には後続の3ボランティアグループがブースを出しています。


私たちが今度は駅の反対側でやらないかというのがSさんの提案です。
顔の見えないネットと比べ、街灯での募金は確かに確実で効果的です。今度の引っ越しで猫が更に増えるので、うちのやりくりは更に大変になりますが、その費用が募金でまかなえるなら本当に助かります。


また、譲渡会に関われば猫たちを里子に出すチャンスも増えます。


ということでその話、かなり乗り気なのです。
でも問題が一つ。
猫の移動もそうですが、猫たちを入れるケージがいくつか必要で、そのケージを運ぶために車が必要。
車の免許は持っているのですが、肝心の車がない。Sさんも持っていないので、今後の課題です。





posted by コユキ at 21:56| Comment(0) | プチ奇跡&ミラクルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

新宣言




3月1日のことでした。


職場で6年一緒に仕事をしている同僚から、私の頭の上にプリズムのもやが厚くかかり動いているというようなことを言われました。


何それ?


オバケでもないし、、神仏でもないし、、同じものを見たことがないからわからないとの返事。



そこまで聞いてピン!ときました。


何年も前に宇宙に向けて、「どうぞ私を宇宙の平和のためにお使い下さい」と自分を差し出したことがあるのですが、去年だったか、ある人のメルマガでそれと同じ話を読んだのです。その宣言をした人はゾンビのようで自分の人生を生きていなかったそうです。ネガティヴな宇宙人に利用されていたのでした。


私もそうだったのかは謎ですが、プリズムと聞いて人間ではないな、じゃ、宇宙人!と気づき、以前の自分の宣言を思い出したのです。


宣言し直しました。
「私は自分を取り戻します。自分の人生を生きます!」




友達とのメールの記録を見返したところ、、その新宣言の数時間後に家が見つかってます。
びっくり。







posted by コユキ at 22:53| Comment(0) | プチ奇跡&ミラクルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

猫の恩返し(6)



Yさんとは出会った最初から気が合っていたので、猫の不妊手術プロジェクトが終わったら是非一度お茶でもご一緒しましょうと話していました。


水道管の件で頓挫するかに見えた日は、すっかり気落ちして何もする気にならなかったとYさん言っていました。次の日には、思い切って水なし生活しませんか?と私を笑わせてくれましたが(笑


彼女にはまだ一度しか会っていませんが、私が引っ越したあかつきには遊びに来ると言っていて、、長いおつきあいになりそうな予感がします。


この家の話が初めて出た時に、あ〜やっと出た!この家だ!と思いました。そしてたまたま不思議なことに、これまた猫繋がりのプロのサイキックな友人の初のリーディングセッションを次の日に受けることになっていたので、いの一番にこの家の話をしました。


悪いものは何もないとのこと。
武士が家にいるそうで、新しい住人をよろしくお守りくださいとお願いすると、わかったと答えてくださったそうです。


数日後家に行った時、友人に言われた通りに玄関で「はじめまして。よろしくお願いします。お邪魔いたします」と挨拶してから上がらせてもらいました。初めての家とは思えぬ暖かさを感じました。


友人のリーディングに戻りますが、Yさんについての情報は名前以外話してなかったのですが、彼女と私は同じ魂を持っているそうで、お付き合いはこれからも続くでしょうとのことでした。


セッションで最も嬉しかったのは、私が家のことに触れての友人の第一声でした。
「引越し先で猫たちがみな、ありがとー、おかーさん!ととても喜んでいる光景が見えます。既に虹の橋を渡った猫たちも空から降りてきて喜んでいます。自分たちが応援してるから、きっとうまくいくよ、心配しないで。」と言っているそうです。ありがとー、猫たち!!


サイキックな友人も私の懐具合を心配してセッション料をタダというか、猫ちゃんたちに美味しいものを食べさせてあげてと言ってくれました。


この家に関わる者みな猫つながりで、ほんと不思議です。




posted by コユキ at 23:07| Comment(0) | プチ奇跡&ミラクルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

猫の恩返し(5)



引っ越し先の住所はネットでは公開しないことにしました。
以前、というか今でもストーカーグループが活動しているためです。


新しい住まいはそれなりに遠方なので、まだ一度しか行っていません。
その時写真を撮るのを忘れたので、、記憶を頼りにグーグルアースで検索したところ、ありました!(感動)
友人たちに画像を送ると、その中の一人から、◯◯のすぐ近くですね!とフィードバックが返ってきてびっくり。画像から場所が特定できるみたいですね(汗) なので写真は今度私が撮ってくるので、いずれお披露目させてもらいます。



さて家の仕様、どんな家にするか?なのですが、、

ほとんど猫に合わせます(笑)


ただ、今までは私物や仕事関係の物に猫たちが日常的にゲ◯やオシッコをかけていたので、引っ越し後は私室を是非頂きたいです。


あと、人々がかなり出入りする予感なので、ゲストルームも確保したいです。


その2つを除いた4部屋が猫の住まいになります。


問題なのは5部屋が和室なこと。白血病やエイズの子とそうでない子を完全に分けるのですが、猫たち、襖に穴を開けて自由に出入りするので、襖をなんとかしないといけません。


とりあえず襖の両面にベニヤ板を貼ろうと思います。ゆくゆくはその上に壁紙など貼れば見た目もベターになるでしょう。


襖には鍵もつけます。これも脱走防止のためです。一枚一枚に簡単な鍵をつけようと思います。


畳はかなり老朽化していて表替えができるかもわかりません。。費用がかさみそうなので、とりあえずクッションフロアを敷こうか思案中です。猫が汚しても拭くのが楽だし。


猫部屋には、ニューフェイスや赤ちゃん連れの一家や問題ある子の為のケージ、ベッド、もこもこハウスや段ボールハウスなどを置いて、猫が好きな場所を選び、プライバシーを確保できるようにします。キャットタワーもほしいけど、無理だろうな(笑



せっかく猫がたくさんいるのだから猫カフェでもすれば?との意見もありますが、庭はそこまで広くないので、今のところ予定はありません。


人の出入りに伴って、料理をする機会が増えそうな気がするので、キッチンはシンプルで機能的なしつらえにできればいいな〜と思います。


畑スペースも二か所ほどあるので、サラダ畑をしようかと考えています。レモンの木を植え、ルッコラやナスタチュームの種を蒔きます。猫の草も植えなきゃ。



お客さんが多い家になるとか(人生初!)、料理をするとか(10数年ぶり?)、畑をするとか(これも人生初)、そしてたぶん乗り物もいずれ手に入れることになると思います。歩き続ける生活が終わり、、全てが激変しそうです。




posted by コユキ at 23:32| Comment(0) | プチ奇跡&ミラクルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

猫の恩返し(4)






ここ2年ほど前から内猫がどんどん増え現在26匹、プラス譲渡会用一時預かりの猫さんが4匹。外猫の食事デリバリーも続けているので、仕事と寝る時以外は猫の世話に明け暮れます。


在宅中時間的体力的に可能なのは、食事とトイレ掃除、病気の子のケアくらいのもので、抱っこしたり、一緒に遊んだりはとても無理です。ですからうちは猫を飼っているというより、シェルターに近い状態です。


広いとはいえない部屋に猫たちがひしめき合い、ストレスもあるのでしょう、あちこちにオシッコをして回る子、猫同士のケンカも増えています。


経済的にも大変で、フードの支援も激減し猫は増えたので、仕事の勤務時間を増やし、フードの質は落とし、ドライフードの割合を増やし、なんとかしのいでいます。


私の睡眠時間も減って、いろんな意味でもう限界でした。


ですので引っ越し後は、夜のフードデリバリー(と片付け)は止めます。距離的にも今までの場所には通えないので、猫の意思を尊重しつつ、私がいないと自立が難しい外猫たちはできるだけ私と一緒に連れて行く予定です。


おじいさん(Yさんのお父さん)の敷地内外に住み着いている子たちも連れて行きます。


おじいさんが亡くなる直前、よろしくお願いしますと頭の中を下げられた光景が今でもはっきり私の頭に焼きついています。おじいさんも猫たちを私に託せて、たぶん喜んでいるのではないでしょうか。


そのご縁のお陰で私は住む家をもらい、私もおじいさんの猫たちを引き取ることでご恩返しができれば嬉しいです。





うちには白血病の子が多く、彼らは短命なので、緩和ケアを取り入れ、楽な旅立ちの手伝いをしてあげるのも私の仕事と受けとめています。


日頃なにかとお世話になっているボランティアさんたちのために、エイズや白血病で里子に出せない子をうちで引き受けてあげたいと思います。私から彼らへの恩返しをいろいろ考えていたのですが、預かりさんが慢性的に不足しているとのこと、私が猫のシェルター&ホスピスを名乗ろうと思っています。



次回は、猫たちと暮らす家のことを書きます。







posted by コユキ at 22:25| Comment(0) | プチ奇跡&ミラクルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

猫の恩返し(3)




私は猫と住む家を手に入れ、Yさんは解体費用を節約。お互いのニーズがぴったり合いました。


私は借りる家ばかりを探していたので、まさか貰えるとは思ってもみませんでした。友人や猫ボランティアの人たちは口々に「猫の恩返しだね!」と言います。いつか猫の恩返しがあると周囲の人々は言っていましたが、私は全然信じていませんでした。



家を見に来てから決めて下さいとYさんが言うので、とにかく出掛けて行きました。解体業者が見積りに来るその日でした。

思ったほどの田舎ではなかったのですが、近所の3分の2は過疎化で既に空き家。肝心の家は思っていたよりもきれいでまだまだ住めそうです。必要な家具などもそのまま使ってよいとのことで助かります。私の引越し荷物は私と猫だけと言ってもよいくらい、一からのスタートです。Yさんには、このまめ話を進めてくださいとお願いして帰路につきました。住む家が見つかり心から安心しました。


それから数日後、今度は必要な冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどがやってきました。先月知り合いに頼まれて子猫を里子にお世話したのですが、その里親さんが4月半ばに引っ越すそうで、冷蔵庫などは新しいのを買うので要りますか?と嬉しい連絡。もちろん頂きます! またまた猫のご縁での嬉しいプレゼント、ありがたいです。



家が見つかってからは、ボランティアさんたちすぐに「引っ越し手伝うから!必要な物、声かけて集めるから!」と言って下さいました。遠方の友人や猫友たち、猫の支援者の方々、職場の同僚や上司たちは皆今回の展開にすごいね!すごいね!と驚いています。私もです、自身は動かずに必要なものが向こうからやって来るのですから。



しかし、安心したのも束の間、先日ちょっとした横槍が入りました。2つ隣の家の住人はYさんの亡くなったご主人の親戚なのですが、そのお宅の敷地内をYさんちの水道管が通っているので、他人が住むなら水道を止めると言っているそう。Yさんの話では、この彼女はちょっとした困ったさんのようです。

水道局にも問い合わせましたが、分岐の管があるかまではわからないとのこと。近所の親戚も誰も知らない。でも万が一水道が止まったら?その親戚に利用料を払うか?

その時はその親戚に利用料を払うしかないような気がしていました。でも遠くでは、ミラクルにやってきた家が没になるわけがない。私の直感は分岐はないと言っています。

その夜、仮眠でウトウトしている時に名案が閃きました。もし万が一本人にバレるといけないので、ここには書きませんが(笑)シンプルな方法。友人に話したら爆笑されました。Yさんもウクていました。Yさんには、大丈夫だからあとは私に任せて下さいと言って、この話は終わりにしました。


ということで無事に引越せそうです。
2つの仕事も辞める旨会社に伝えました。



次回は、これからの計画を書きますね。





posted by コユキ at 23:48| Comment(0) | プチ奇跡&ミラクルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする