2017年03月26日

猫の恩返し(2)



そんなわけで、娘さん(Yさん)がおじいさんちから派生したメス猫の不妊手術代を出し、私が捕獲、病院の手配をし、元の場所にリリースする作業を受け持つことになりました。


途中、おじいさんちの猫が増え過ぎて大問題になっていた団地の自治会長さんへ現状の報告と捕まえる協力を仰ぎに行ったり(何故か却下されましたが)、今年からは猫ボランティアグループの2名が捕獲の手伝いに来てくれたり、またストーカーグループに嫌がらせをされながらも20匹以上のメス猫の手術をなんとか済ませました。


そして今月初めのことです。
Yさんに2月の成果と会計報告の電話を入れました。用件が済んで自分たちの近況の話になり、私の家探しがなかなか決まらないことを話したところ、、


「私が住んでた所に来てもらってもいいんだけど、田舎だし、不便で車必要だし、ムカデも出るし、、」とおっしゃいます。


彼女が不便なのと家が1人住まいで大き過ぎるので、半年前に駅近くのマンションに引っ越したことは聞いていましたが、家をその後どうしたかは知りませんでした。


詳しく聞いてみると、、


ほとんど山の中で風致地区の評価額0円の土地に築40年の6部屋の家。売れない、借り手もない。誰も住む予定がないので解体するしかない。この持て余し物件をどうしたら良いのか、役所へ相談に行ったそうです。


すると担当者は、「人にあげるのが一番いいです」と答えたそうです。


ですが、こんな辺鄙な所に住みたい人なんているわけがない。実際誰も見つからないでいたそうです。


一方、私はというと、現在26匹の猫を抱えもうスペース的にも経済的にも限界。母からも別々に暮らしたいから早く出て行ってほしいと再三言われていました。母のストレスも殆ど限界で、度重なる衝突でついに私は「4月末までには絶対出る、野宿してでもなんでも!」と宣言しました。


現在も既にそうなのですが、自分のこれからの余生は猫のシェルターをして暮らしたいと日に日に想いは膨らんでいました。


そのためには一戸建てが必要。
出来れば山の中、川があれば尚いい。


ですが、今回私が探していたのは家賃ゼロの廃屋。猫がボロボロにするので将来人の住む予定がない古い資産価値のない家。放火されたり、ホームレスが住み着いたり、野良猫のコロニーになったりしないよう、用心棒代わりにしばらく住まわせてくれないかと、そんな家を探していました。しかし、家賃0物件は全く現れず。。


猫がいることを言わずに、とりあえず団地に申し込んでは?と何人かに言われましたが、私にはどうしても家はある!との密かな確信がありました。


どこかに私&猫の住む家がある。
それは探しに行っても見つからない。
いずれ向こうから現れる、もたらされる。


そして、ついに現れました。
私のニーズとYさんのニーズが、パズルの最後のピースのようにピタリと合ったのです。






posted by コユキ at 22:59| Comment(0) | プチ奇跡&ミラクルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

猫の恩返し(1)




動きました。


やっと猫たちと住む家が決まりました!!




事実は小説より奇なり、でした。

詳細はペットblogに譲りますが、、
昨春のこと、国道向こうのあるお宅で一人暮らしをしていたおじいさんが亡くなりました。


このおじいさん、生前複数の猫を不妊手術せぬまま放し飼いにし、増えた猫たちは近所の住宅街や団地で新たなコロニーを作っていました。


私が確認しただけでも、子猫を含め50匹位はいたと思います。うちにも道路の真ん中で鳴いていた子や両目が塞がっていた子やら4匹を引き取っています。


近隣から苦情が相次ぎ、おじいさん自身も持て余していたんだとは思いますが、今更不妊手術するにはお金がかかり過ぎる。人々を追い返し、娘さんの手術するようにとの進言にも耳を貸さず「しなくていいんだ!」と頑固に言っていたそうです。




私は動物病院に猫ボランティアのポスターを貼らせてもらっているため、時々子猫欲しい旨の電話が入ります。この時も2人の方から電話があり、たまたまおじいさんちに子猫がいると知り合いから聞いたので、出かけて行ってみました。


在宅中だったおじいさんに用件を告げると頷き、自分は重病を患っていて動けないので、連れていって下さいとのこと。玄関を上がり、指さされた部屋を入ると母猫からおっぱいを飲んでいる子猫2匹がいたので子猫を持参のキャリーケースに入れました。


帰り際におじいさんに「メス猫を少しずつでも手術していきましょうね、お手伝いしますから」と私が言うと、「宜しくお願いします」と頭を下げられました。


後日、娘さんから聞いたのですが、おじいさんはこの日「猫を貰ってくれたよ、よかった」と喜んでいたそうです。




その数日後、子猫がすぐに貰われていったこと報告しようと頂いた番号へ電話したのですが、誰も出ません。連絡はとれぬままになりました。


治らない病と聞いていたので、もしやと思い、明かりのない家へ10匹ほどの猫たちのために毎日食事を運びました。




それからしばらくしたある日、猫の食事を運びに行くと玄関に人がいたので、声をかけ、おじいさんの様子を聞くと、やはりお亡くなりになったとのこと。私が尋ねた翌日に救急車で運ばれ、そのまま帰宅することはなかったそうです。


敷地内に残された猫ちゃんたちはどうなるんだろう? そのことを聞いてみました。


引き取り手はいません。
では、私が食事を運びます。でも不妊手術しないとまた増えてご近所迷惑になりますよとやんわり指摘すると、、

長女らしき方が、では手術代を出しましょうとおっしゃる。


そうして、目標20匹のメス猫の不妊手術プロジェクトが始まりました。







posted by コユキ at 22:22| Comment(0) | プチ奇跡&ミラクルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

動く





今年は個人的にも社会的にも『動く」年になると、いろんな方々が言っていますね。


私も実感しています。

昨年後半に感じていた違和感やストレスが今年になって、煮詰まった気持ちが弾け、形となって動き出しています。

人間関係、仕事、住まい、、全てが変わりそうな予感です。

それほどには長生きしない予感があるのですが、晩年といえる年代に入ってきている私は、余生のビジョンを見始めています。

今年はその余生の基礎を作る年になりそうです。
ワクワクします。




posted by コユキ at 08:57| Comment(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通に過ごす





アセンションのことばかり言ってるアセおたく、最近はあまりいないようですね。(私のまわりにいないだけ?


自分がアセンションしたいと思っているとしたら、それはエゴ。


例えば良い人や愛ある人になれば波動が上がり→アセンションできると思いがち。
しかし、今ないものを自分に課すこと自体自己否定なので波動は下ります。


ありのまま、本当の自分になる。
そしてその等身大の自分が住みやすい場所に自然に落ち着くだけ。


行き先なんて考えなくても、自然と導かれるように心地良い所に落ち着きます。


それほどシンプル。
考える必要なし。
考えても無駄。
考えたらそうはならない。




posted by コユキ at 07:13| Comment(0) | 究極の選択(洗濯) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

ハレルヤ







「ハレルヤ」




後ろのコーラスがソワソワしてると思ったら、そうだったのね。わかるわかる。


今年たぶん一番のびっくりは、自分が注意欠陥多動症だと気づいたこと。


社会生活に差し支えない軽度なので、今まで気づかなかったんだろう。


事務仕事や単調な繰り返しが苦手、歩く仕事動く仕事が自然体で超楽、自分でも不可解なつまらないうっかりミスをする、話し出すと止まらない、整理整頓が苦手などがこの年にしてやっと腑に落ちた。


事務仕事や単調な繰り返し作業は、椅子でなくバランスボールに座ればなんとかなるかも(笑)


今の半端なく忙しい生活は私に合ってるのかもしれない。慢性的に睡眠不足でも栄養偏ってても風邪ひとつひかないし。好きなことをしてて楽しそうだと表現した人もいた。


昔一番身も心も病んでいた時は、医者に言われて安静にし寝てばかりいた。逆をやってたんだー。


目からウロコ。


でもまた一つからくりがわかったから、より楽な自分でいられる。


メリークリスマス。
ハレルヤッ!










posted by コユキ at 07:49| Comment(0) | ゆるゆるのカラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

青天の霹靂





トランプ氏が圧勝し、みな驚いています。


プライベートでも最近私や私の周囲で、あの人がまさか!
とか、そんなことあり得ない!といった一番起きそうも
ない逆さま現象が結構起きています。


常識イコール正しい、多数決イコール正しいの図式は
崩れていっていますね。



trumpは英語で、奥の手とか切り札って意味。
動詞になると、勝つ、負かすって意味になるそうです。


クリントンさんが大統領になっていれば、たぶん
今までの繰り返しで何も変わらない。


新大統領が素晴らしい指揮をとるとは思えませんが、
大混乱の末に国民の意思が反映されるような政府の
形に整っていくのではないでしょうか。


まず古い観念が壊れ、それからです、変化するのは。




posted by コユキ at 20:23| Comment(0) | 新星なる神性なる地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日




最近とても腑に落ちたのは‥‥


行為や現象、結果には意味なんかなくて

その動機こそが全てなんだってこと。







posted by コユキ at 23:15| Comment(0) | もの思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする